8つのVPN接続を統合した、All in One VPN Pack For JAPAN

■VPN NINJAは一つの契約で、あらゆる環境のお客様に対応した日本へのVPN接続を提供いたします。3つの基本プラン(共有IP、専有動的IP、専有固定IP)にそれぞれ8つのVPN接続プロトコル(PPTP、SSTP、L2TP、IKEV2、IPSec、OPENVPN、PacketiX VPN、Cisoc AnyConnect)の接続を可能にしたリモート接続によるインターネットVPNサービスであります。

■それぞれ3種類の基本プランは、1つの動的に割り当てられたIPを皆様で共有する共有IPサービス、動的に割り当てられたIPを1人で利用する専有動的IPサービス。固定に割り当てられたIPを1人で利用する専有固定IPサービスから選べます。

■8つのプロトコルは、世に存在するVPNテクノロジーをほぼすべてを網羅しております。それぞれのユーザーの環境に柔軟に対応できます。又、すべてのポートを解放することで日本国内のあらゆるWEBサービス、ビジネスアプリケーションにスムーズに接続できます。

中国などの海外における回線不安定地域からの日本へのVPN接続を強力にサポート

■中国などの回線不安定地域を8つのVPN接続プロトコルが強力にサポート。中国で活動するビジネスパーソン、留学生、旅行者は必見のサービスとなっております。また、最近VPN自体に規制が強化されているため、VPN接続が確立できない事例や、確立できても数時間で切断されたりといった不安定な状況が見受けられます。これを避けるために、当サービスでは多様なプロトコルに加え、ワンタイムIPサービスを提供しています。ワンタイムIPサービスとは6時間有効の使い捨てIPアドレスで、これを利用することで不安定な状況を打破することが可能です。更にポート番号の組み合わせを多数用意することで、接続組み合わせが無限に広がり、規制対象を回避することが可能になります。

■中国ではAndroid、iphone、ipadなどのスマートフォンは4G回線を利用した場合にとりわけVPN接続ができない状況が見受けられます。単純なファイヤーウォール問題や中国特有の原因不明の障害によるものなどさまざまであります。当VPN NINJAはAndroid、iphone、ipad用のSSL VPN、Cisco AnyConnectとOpenVPN Connectionを導入いたしました。SSLポート443を通信に利用することで極力障害を除去できます。ソフトウエアも、Google PlayやAppストアから無料でダウンロードできます。日本へのVPN接続を強力サポートいたします。

高速光1Gbps、ユーザー保護、セキュリティ確保、豊富なマニュアルによる簡単設定、3分で即利用可能

■バックボーンにNTT光ビジネス回線を導入。高速の1Gbps。
■各プランとも日本国内に6つのサーバーをご用意。更に1回線のユーザー数の制限により、安定したスピードを提供。
■当サービスは日本在住の方のみに入会できるサービスであり、不特定多数の海外からのアクセスを制限しており、回線の安定を図っております。
■VPNならではのセキュアな環境を提供。お客様と弊社はサーバーは通信が暗号化されます。
■パソコン初心者でもできる超簡単設定。設定方法も丁寧に説明。クレジットでお支払いただくと決済完了後に即利用可能です。
■パソコン、インターネットに詳しくない方のために、VPN NINJAのサービスについて超簡単に解説したサイトをご用意。こちらをお読みいただくと、VPN NINJAのサービスのすべてを簡単に知ることができます。加えてVPNとはどういうものであるかを簡単に知ることができます。

VPN NINJAサービス超簡単解説

VPNの接続ID、パスワード、決済管理等、ユーザビリティを意識したクラウド管理画面

■管理画面にログインすると、クレジット払いや銀行振り込み等の決済手続き、VPN接続IDやパスワード管理、サービスの追加、VPN接続プロトコルのサーバー切替え、契約情報、VPN接続ソフトのダウンロード、各種情報の発信、お問い合わせ等場所、時間を選ばずスムーズに行えます。多数の接続IDを管理でき、一般ユーザー様や再販の代理店様にスムーズなサービスを提供いたします。

VPN NINJA管理画面

更新情報・お知らせ

2020/7/28
※決済システムメンテナンスのお知らせ
TLS1.2導入に伴う、決済システムのセキュリティ強化を行うため、7月28日から7月31日まで、アカウントの新規、継続における決済を一時的に中止させていただきます。この期間にアカウントの期限が終了する方、新規にお申し込みをされる方は無料でご利用いただけるよう対処させていただきますので、お問い合わせよりその旨をお申し出ください。
2020/7/26
※弊社HPの「プライバシーエラー」について
弊社HPはTLS1.2に対応していないため、ブラウザーにより、「プライバシーエラー」等のメッセージが表示されHPにアクセスできない場合があります。SSL通信は行われていますので、接続して問題ございません。尚、現在対応中でございますので、今しばらくお待ちください。
2020/5/14
※サーバーメンテナンスのお知らせ
5月30日午前8時から午前9時まで、全サーバーのメンテナンスを実施いたします。メンテナンス中はサーバーへアクセスできなくなる場合がございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。
2019/4/27
※中国からのVPNの規制に関するお知らせ
中国におけるVPNの規制が強化されている模様です。接続の際にはワンタイムIPをご利用ください。接続先IPアドレスは複数ございますので、不安定になってきた場合は、違うIPをご選択いただき、接続プロトコルも、複数お試しいただき、一番安定する方法を常にご選択いただきますようよろしくお願いいたします。
2018/5/30
※サーバーメンテナンスのお知らせ
5月30日午前8時から午前9時まで、全サーバーのメンテナンスを実施いたします。メンテナンス中はサーバーへアクセスできなくなる場合がございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。
2017/1/17
※iOS 10 および macOS Sierra によるIKev2のサービス開始について
iOS 10 および macOS Sierraにアップデートすることにより、PPTP接続ができなくなります。これはAppleがPPTPのサポートを終了したためです。弊社では、この代替え策として、iOS、macOS系のIKev2のサポートを始めました。接続方法はマニュアルをご参考いただきますようよろしくお願いいたします。
2017/1/12
※Android OSにおけるIPsec Xauth PSKのサポートについて
弊社サービスにおきまして、Cisco IPsecにサーバー切り替えを行うと、AndroidのIPsec Xauth PSKでVPN接続をすることがきます。ただし、機種により不安定になる場合があります。弊社では非推奨とさせていただいております。Android携帯でVPN接続をする際には、L2TP、CiscoAnyconnect、OPEN VPNをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。
2016/8/10
※「Cisco VPN Client」のWindows8.1、Windows10のご利用について
Cisco System社は、Cisco VPN Clientのサポートを既に終了しています。この為、Windows8.1、Windows10版の接続ソフトウエアは提供されていない状況でございます。Windows7版でインストールしようとするとエラーが生じます。ただし、パッチのインストールやレジストリの変更等でインストールできる事例がネットで散見されています。そこで、弊社でも「Cisco VPN Client」のソフトウエアの提供をこのまま継続いたします。
2016/1/05
※Android端末におけるCisco Anyconnectのサーバー証明書エラーについて
Android端末でCisco Anyconnectをご利用いただくと、信頼されていないVPNサーバーというエラーが出る場合があります。弊社サーバー証明書はGeotrust社で署名されていますが,別途クロスルート証明書が必要になる場合があります。設定にてこれを回避する為のマニュアルを掲載いたしました。尚、Geotrust社のホームページでクロスルート証明書をダウンロード&インストールすることでこのエラーを発生させないことも可能です。

VPN SERVICE


料金表
料金表
料金表

法人向けVPNサービス

ワンタイムIP

有効時間 接続先IPアドレス
接続先IPはお客様により異なります。管理画面にログインしてご確認いただくか、こちらよりご登録アドレスを入力するとメールにて受け取ることができます。

接続設定マニュアル

リンク

その他

Accepted Payment Methods

paypal

Security by


geotrust